P1050759.JPG

​Jikkoが選ばれる理由

實光電機は創業から40年、長きにわたり金属製品の板金加工業者として、皆様にご選定いただいております。

技術の向上だけではなく「よりお客様の力になりたい」を実現すべく

多様な特徴や製造工程の工夫などをし、他社と一線を画しております。

P1050838.JPG
P1050839.JPG

01

制御盤製造長年の

​ノウハウを活かした技術力

オリジナル盤筐体の製造では、お客様のご要望を具現化するには構造上難しいことも多々あります。

そんなときでも實光電機では、

【どの様ににすればお客様の要望が可能になるのか】を長年の経験と知識を元に考え、アドバイスさせて頂いています。

また、大型の制御盤や複雑な形状のデスク盤などのほか、特殊なものまでも柔軟に対応可能です。

​経験豊富なベテラン職人がお客様のご要望をカタチにします。

02

お客様のために独自の工夫と選択

黒皮

制御盤などの本体は、ほとんど架台とセットになっています。

この架台や盤内の補強は、Lアングル(等辺山形鋼)や[チャンネル(溝形鋼)材を用いるのですが、

一般には加工がされていない黒皮の鋼材を使用することが多く、その場合、塗装の耐久性が悪くすぐに剥がれてしまう恐れがあります。

そこで、弊社では 

プライマー加工された鋼材を標準仕様 としています。

​これによって、塗料も綺麗にのり耐久性も格段に上がります。

弊社ではこのように、優れた製品をご提供するための選択をしています。

P1050691.JPG
プライマー加工
P105065911 (2).jpg

03

高品質なものを低価格で提供

CADデータの作成では、図面を元に加工の方法・手順などを検討し、判断しなければなりません。

そして現場でも、経験豊富な職人が仕様ごとに最適なプロセスで作業しており、高効率な生産が可能となります。

​切断・曲げ・溶接・仕上までそれぞれがしっかり責任を持って行っています。熟練した職人の加工で皆様に高い品質の製品をお届けいたします。

04

​スムーズな作業工程で短納期も可能!!

弊社の職人は、プレスや溶接以外の工程は全員が行うことができます。

そのため、部品ごとに並行して製作することが可能で、時間短縮をはかっています。

​例えば、塗装のないものでは朝一にご注文頂いたものが夕方に完成することもあり、お客様に大変喜ばれています。

8.30 (2).jpg